介護用品の買取はお任せ | 介護用品の買取のご依頼は【介護オフ】へ

介護オフ KAIGO-OFF
045-762-1131

神奈川や東京で福祉用具の買取なら【介護オフ】へ~海外と日本の介護事情~

福祉用具の買取は高価買取に努める【介護オフ】にお任せ~神奈川や東京など広いエリアに対応~

福祉用具の買取は高価買取に努める【介護オフ】にお任せ~神奈川や東京など広いエリアに対応~

福祉用具買取に対応した業者をお探しの方は、【介護オフ】へご連絡ください。福祉用具専門相談員の有資格者が在籍し、丁寧な査定で高価買取に努めます。気軽に買取サービスをご利用いただけるよう、査定にかかる見積りや出張費は無料です。

神奈川を中心に東京など、広いエリアに対応していますので、不要な福祉用具の処分にお悩みでしたらぜひ【介護オフ】の買取サービスをお役立てください。

日本と海外の介護事情

日本と海外の介護事情

日本に限らず、高齢化が進む国は少なくありません。介護に対する考え方は国によって様々で、それぞれ独自の仕組みを構築して高齢者の介護に取り組んでいます。

日本

少子高齢化が進み、介護の担い手や財源の不足が問題視されている日本。介護施設では、24時間つきっきりで高齢者の面倒を見ます。これは入所者に対して優しいようにも見えますが、本人が自分で努力しようという積極性を低下させ、要介護度が進行する可能性もあります。
手厚く面倒を見る介護の現場は疲弊する傾向にあり、日本でも在宅介護を中心としながら必要な時に介護のプロの手を借り、高齢者の意思を尊重する介護の在り方が望まれています。

スウェーデン

自立した暮らしを求める方が多いスウェーデンでは、独居の高齢者も少なくありません。介護が必要になった場合、家族だけがつきっきりで世話をするのではなく、コミューン(地方自治体)で面倒を見ます。在宅介護が基本であり、要介護の場合もできるだけ在宅で対応します。福祉施設もありますが、コミューンの職員が入所するのに適切かどうかを判定するため、希望しても必ず入所できるわけではありません。日本だと施設に入るような認知症の方でも、在宅で介護することは珍しくなく、その分1日に5~6回ほどホームヘルパーが訪問して世話をします。

ドイツ

ドイツは、日本より6年早い1994年に介護保険制度を導入しました。介護保険制度のある国は少なく、介護保険法の研究対象国でもあります。ドイツの介護保険法でも、スウェーデンと同じく在宅介護を優先しています。また、予防とリハビリの優先、行政・施設・介護財政の共同責任という3本柱で介護に取り組んでいます。ドイツでは、介護事業者を利用する場合はもちろん、介護を担うのが親族や友人などであっても給付金が支払われます。給付金は要介護者へ支払われるものですが、世帯単位で見ると介護を行う家族へも労働対価が支払われていることになるのです。

デンマーク

「高齢化対策のモデル国」とも言われるデンマークでは、ハンデを抱えた人でも健常者とともに暮らせる社会を築く「ノーマライゼーション」という考え方を大切にしています。かつては特別養護老人ホームのような「プライエム」が多く建設されました。しかし、これではノーマライゼーションの考えに反するとして、現在はプライエムの新規建設を禁止し、在宅介護に重きを置いています。1回5~20分程度と短時間ながら、訪問介護スタッフは排泄や寝返りなどをサポートするため、必要に応じて何度でも無料で訪問します。

福祉用具の買取をする業者をお探しなら【介護オフ】

会社名 レジオン株式会社
住所 〒235-0023 神奈川県横浜市磯子区森3丁目9−12
定休日 日曜日
TEL 045-762-1131
FAX 045-762-2180
事業内容 介護用品買取・在宅介護事業
URL https://kaigooff-buying.com/