介護用品の買取はお任せ | 介護用品の買取のご依頼は【介護オフ】へ

介護オフ KAIGO-OFF
045-762-1131
東京・神奈川の介護用品高価買取専門店「介護オフ」 > 知識集 > 【介護用品知識集】介護用品(介護ベット・車いす)の処分費を払うなら賢く買取してもらおう!

【介護用品知識集】介護用品(介護ベット・車いす)の処分費を払うなら賢く買取してもらおう!

なぜ処分ではなく買取なのか?

 

介護用品である介護ベットや車いすを処分する場合、レンタルではなく自分
で購入したものだと、使い終わった後の処分に困る人が結構いらっしゃいます。
一般的なベッドだと気にはならないかもしれませんが、介護ベットの場合、
総重量が100kgを超えるものもあるので持ち運びは困難ですし、処分するにも
専門業者に依頼しなければなりません。

その際に、廃棄処分するのか買取してもらうのかのどちらかを
選択すると思いますが、廃棄処分するときの手間や手数料を考えるぐらいなら、
いかに高く買い取ってもらえるかを考えた方が得策と言えるでしょう。
特に最近では高齢化社会の影響で介護用品を必要としている人が急激に増え、
中古品でも充分実用価値は有り、需要は多いのです。

種類によっては非常に価値があるものも有り高値で買取してもらえる物もあるので、
是非買取依頼を出しましょう。

どこに介護用品(介護ベット・車いす)の買取依頼をすれば良いのか?



リサイクルショップに依頼をする

介護用品を買い取ってもらう際、どこに依頼すればいいのか
わからない人もいるかもしれません。最近では一般的な
リサイクルショップでも介護用品を買い取ってくれる所が増えてきました。
しかし、重量が有り専門的な知識が必要となるため断られるケースも少なくありません。

 

介護用品専門の買取店に依頼をする

介護用品を専門に取り扱う買取店を利用することをおすすめします。
介護用品専門業者なら介護用品の扱いにも慣れていますし、
何より適正な価格で査定してくれます。

さらにそういった業者はしっかりとした販売ルートを
確保しているので依頼した後も安心です。中には出張買取サービスを
行っているお店もあるので状況に応じて使い分けましょう。
ただし、買取業者を探す場合、「介護ベットのみ」や「引取りのみ」
といったお店も存在するので注意が必要です。

 

地域の包括支援センターに相談をする。

 

 

各地域に包括支援センターが設置されています。
(横浜市の場合、各中学校学区に包括支援センターを設置)
介護・福祉関連の行政の窓口を委託させている施設ですので、
介護ベッドや車いすの引き取りも相談が可能な場合もあります。

包括支援センターに介護ベッドや車椅子を自費又は無償で探している人が
相談に来ている場合がある為です。
専門業者ではない為、搬出・解体は個人で行う必要があります。

ヤフオクに出品する。

高価な介護ベッドや車椅子を高く売りたい場合には、
ネットオークションで販売することも一つの有効な方法です。
販売価格はご本人で決めることが可能です。
販売価格はオークファンを参考に値段をつけると良いでしょう。
ただし、昨今の運送業界の混乱により、介護ベッドの配送を
ヤマト運輸・佐川急便も行っておりません。詳しくは、こちらのブログをご覧ください。

【介護ベッド】 3モーター付きフランスベッド・介護ベッドの買取
https://uttemiru.com/kaigo-bed-kaitori.html/

介護ベッド本体価格よりも配送費が高くなる傾向があり、
購入者から敬遠される可能性が高いです。また、ご自身で、
写真撮影、コメント、価格、梱包を行わなくてはならず、
手間と時間を掛けたくない人には不向きです。
車椅子も重量が10キロ~15キロ前後ある為、
費用がとてもかかるので注意が必要です。

  ジモティーに出品する。

ジモティーとは(以下ジモティーHPより)

 地元の掲示板だからすぐに見つかる!

 地元情報が満載だから、 欲しいものがすぐに見つかります。

 登録料・手数料はすべて無料!

 個人・法人共に無料です。
手数料や、掲載料など一切かかりません。

チャットで簡単取引!

お相手とのやりとりはチャットで
簡単に取引ができます。

ジモティーは無料で地域向けに販売が可能です。
掲載料等が全て無料ですので、安価な値段でも諸経費を引かれない為、
手元に残るお金の計算が容易です。地元内での販売の為、
運送費も抑えることが可能です。引き取り・解体も含めて
購入者にお願いすることも可能ですので、是非、試してみる
価値があると思います。デメリットとしては、地域向けの為、
購入希望者が少ない場合には、売れない場合があります。

全国でオークションサイトで告知のが良いのか、地元で告知をするかは、
いつまでに売りたいか、いくらで売りたいかによって変わってくると思います。
ジモティーの閲覧層は比較的年齢が高い為、購入希望者が見つかる
可能性が高いかも知れません。

 

 メルカリに出品する。

 

メルカリは出品した商品の大半は24時間以内に売れてしまうというのがウリです。
若者を中心にファッション、化粧品等が個人取引でやり取りされています。
介護用品の出品も多くなっており、車椅子であれば、出品も多い為、
すぐに売れてしまう可能性が高いと言えるでしょう。
介護ベッドに関しては出品データを確認出来ませんでしたので、
重量や配送の問題で誰も出品していないのかも知れません。車椅子
や手すり等の介護用品はメルカリで販売することも検討してみては如何でしょうか?

 地元の介護用品取り扱店・福祉用具貸与事業所に相談する。

 

地元の介護用品販売・レンタル事業所に相談するのも有効だと思います。
会社によっては要支援認定~要介護1認定の高齢者に
介護保険外で介護用品の貸し出しを行っています。
(要支援対象者:介護用品のレンタルが原則使えない。
要介護1:介護用品の一部レンタルの使用制限あり)
介護保険の場合には利用価格の1割を利用者様に負担し、
残り9割を介護保険で負担します。

介護ベッドの場合には、お客様負担が月1000円程度、
介護保険負担9000円程度が相場です。その為、月1000円~2000円程度で
自費貸し出しをする必要があります。その為、貸し出しを行う為、
自社で使用している10年以上前の介護ベッドや車椅子を貸し出すケースがあります。
自費貸し出しの要望は地域によっては多い為、時期や場所によっては
高価買取をしてくれるかも知れません。

突然、連絡することが苦手だという人もいるかもしれませんが、
彼らも安価に貸し出しを行う為には、中古商材を買う必要があるので、
双方にとってメリットがあります。地域に介護用品の店舗があるか分からない方は、
ネットの検索で神奈川県の場合には『神奈川 介護事業所』と検索してみてください。
各都道府県が作成した事業所リストが入っているサイトが必ず出てきます。
なぜ、各都道府県が作成しているかと言いますと、介護保険事業所は
公表制度を受けなくてはなりません。

公表制度ですので、当然、外部又は第3者に見てもらう必要があります。
その為に各都道府県が公表制度の結果、事業所の一覧を含めたサイトを作っているのです。
是非、検索してみて下さい。

 

まとめ

日本人の四人に一人が高齢者という現在の日本では、
介護施設の問題・介護する人のトラブル・親の介護問題など
様々な問題が存在します。ニュースでも連日痛ましい事件が報道されていますが、
これは今現在介護に関わっている人だけの問題ではなく、
全ての人が将来自分たちに関わる大きな問題と言えるでしょう。
介護施設、介護費用などいろいろ考えることはありますが、
その中でも今回は介護用品の買取についてまとめてみました。

先ほども述べましたが、高齢者が多いということはそれだけ
介護用品の需要があるということなので、不要になったからといって
すぐに廃棄処分せずに、近所で買取をしてくれるお店を探したり、
インターネットで買取可能なお店に買取依頼を出してみましょう。
これからも高齢化社会は続くので間違いなく
介護用品の需要は高まると思います。廃棄処分する前に是非買取依頼を出してみてください。

『記事の作成者』

モリカズ

横浜市在住。犬と家族を愛する42歳。

商社から転職してから介護業界18年目を迎えるベテラン。現場を知りつくているからこそ書ける記事を心がけています。

『運営企業』

介護用品の買取・販売『介護オフ』が運営しております。
https://kaigooff-buying.com/